PostfixでプロバイダーのMTAを利用する方法

VMWareなどでローカルにサーバー環境を構築した時も
メールを送信できるように。

例の環境

  • ホスト名:hoge.example.com
  • ドメイン名:provider.ne.jp
  • IPアドレス:192.168.1.3
  • プロバイダのメールサーバー:smtp.provider.ne.jp

/usr/local/etc/postfix/main.cfで下記を設定

myhostname = hoge.example.com
mydomain = provider.ne.jp
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain
mynetworks_style = subnet
mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8
relayhost = [smtp.provider.ne.jp]

※ドメイン名(mydomain = provider.ne.jp)はプロバイダーのドメインでないとダメ、
プロバイダー側がチェックしている。

設定ファイルのリロード

postfix reload

コマンドでメールの送信をしてチェック

% mail xxxx@example.jp
Subject: test
test

CTRL+Dで終了即送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする