さくら VPS のセットアップまとめ

さくらVPS のセットアップ自分用のまとめです。

rootでログインしてパスワード変更

passwd

ユーザー追加

/usr/sbin/useradd username
passwd username

wheelグループに所属しているユーザーのみ、rootになれるようにする。

/usr/sbin/usermod -G wheel username 
vi /etc/pam.d/su
#auth	required	pam_wheel.so use_uid
  ↓ コメントを外す
auth	required	pam_wheel.so use_uid

鍵認証設定

SSHの鍵認証設定した時のメモ

SSHのポート番号変更

vi /etc/ssh/sshd_config
===========
#Port 22
Port 10022
===========
/etc/rc.d/init.d/sshd restart (再起動)

バージョン管理システム RCS をインストール

設定ファイルを変更する時のバックアップ目的で利用。
たぶん世界で一番シンプルなバージョン管理システム -RCS-
RCS の使用方法 – WebOS Goodies

yum install rcs

システムを日本語環境に

vi /etc/sysconfig/i18n
========
LANG="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
========

ホストネームの変更

vi /etc/sysconfig/network
=======
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=yes
HOSTNAME=test.example.com
=======

iptables 設定

/sbin/iptables -L 

で現在の設定が表示される。

設定は下記などを参考に
CentOSをサーバーとして活用するための基本的な設定

# /etc/rc.d/init.d/iptables restart
# /sbin/chkconfig --level 2345 iptables on

root宛メールの転送設定

# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases (メール転送設定削除)
# echo "root: user@example.com" >> /etc/aliases (転送先アドレスを指定)
# newaliases (設定反映)
# echo test|mail root (テストメールをroot宛に送信する)

テストメールが転送先メールアドレス宛に届いていることを確認する
※ さくらVPSのお試し期間中はメールが送信されないので注意

作業用ユーザー宛てのメールをrootに転送するなら

# echo "username: root" >> /etc/aliases
# newaliases

Apache+PHP+MySQLをインストール

CentOSでApache+PHP+MySQLインストール

Apacheの使わないモジュールをOFFに

ウェブ開発者のための、1時間でできるLAMP環境構築術(CentOS編) – さくらインターネット創業日記

使わないサービスの停止

設定は下記を参考に(表で詳しく載っています)
CentOSをサーバーとして活用するための基本的な設定

/sbin/chkconfig --list | grep "3:on"

で on になっている物を一覧表示

完了

完了。あとは munin 入れたり、httpd.conf や php.ini の設定、mysqlのユーザーを追加したり。

下記を参考にしました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする