CentOSでApache+PHP+MySQLインストール

1. yumリポジトリの設定

新しいバージョンのPHPなどがインストールされるように、remi のリポジトリを追加します。実際に利用するには yum --enablerepo=remi install php などとして使います。

32bit版と64bit版がありますので環境に合わせてダウンロード。

wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm (32bit)
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm (64bit)
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm (32bit&64bit)
rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
rpm -Uvh remi-release-5.rpm

※ 2012.03.03 ダウンロード先のURLを変更しました。
「download.fedora.redhat.com」が繋がらない場合は…

2. Apache インストール

yum --enablerepo=remi -y install httpd-devel
/sbin/chkconfig httpd on
/etc/rc.d/init.d/httpd start

3. PHPインストール

yum --enablerepo=remi -y install php php-devel php-mbstring php-mysql php-mcrypt php-gd php-pear php-pecl-apc

※ 注意 apc もインストールしています

確認

/etc/rc.d/init.d/httpd restart
vi /var/www/html/index.php
<?php phpinfo(); ?>

ブラウザで phpinfo を確認。

4. MySQL インストール

yum --enablerepo=remi -y install mysql-server

文字コードの設定

vi /etc/my.cnf
=====================
[mysql](追加)
default-character-set=utf8(追加)
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
symbolic-links=0
default-character-set=utf8(Ver5.4以下ならこちらを追加)
character-set-server=utf8(Ver5.5以上ならこちらを追加)
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
===============

起動設定

/sbin/chkconfig mysqld on
/etc/rc.d/init.d/mysqld start

root ユーザーのパスワード設定

mysqladmin -u root password ********

予め登録されているパスワードが必要無いユーザーと「test」データベースを削除

mysql -u root -p
Enter password: 
mysql> drop database test\g
mysql> use mysql\g
mysql> delete from user where password = ""\g
mysql> flush privileges\g
mysql> exit

5. 完了

完了。あとは httpd.conf や php.ini の設定、mysqlのユーザーを追加したり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする